読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

軌道上のステーションまで3マイル

接近には充分に注意すべし、そう機長は言っていた。

光化学スモッグ注意報が全国に出たと言うけど一体何

f:id:ryupanda:20170520181823j:plain 光化学スモッグ注意報が全国に出たと言うけど一体何
環境省が出した全国の大気汚染状況で光化学オキシダントなどによる光化学スモッグ注意報が全国に出たらしい ギターこれはかなり久しぶりだと思う
そう私が子供の頃などはしょっちゅう光化学スモッグ注意報などが出ていて校庭で遊んでいる児童生徒は直ちに教室に戻るようになど校内放送が流れたのを覚えている
ところがそれから日本の環境が改善されて公化学スモッグ警報やら注意報などというものはあまり効かなくなったのだけれどもどうやらどうも今でも出るらしい
交換ガスモックというのは光化学オキシダントなど結局は用は大気汚染物質がこすもっくじょうに詰まり風邪などがない時に待機中に漂って濃度が高くなってしまうことでそれを吸い込むと喘息などを持っている人は症状が悪化したりとか健康な人でも咳が出たり ハイを痛めたりすることがあるので基本は外に出ずに家の中に待機するという対策が求められる
そう値段で今はなってるかというと中国から飛んでくる pm 2.5などの環境物質が影響しているというような雪のある
実際に光化学スモッグは日本に住んでいる限りにはそれほど現在はあまり注意する必要ないだろう

明日に掛ける橋は30mもあった

f:id:ryupanda:20170408165204j:plain そんな短くて大丈夫?と彼は聞いたが彼女はうなずかなかった。そして純分にそれは純文学になりうる要素を持ち得ていたそれからというものしばらくはウーロン茶を飲むたびに彼女のことを思い出した。明日に書ける橋は、ブリッジともよばれ、のちにレインボーブリッジとも認識されるようにもなった。まさに、閉鎖できない橋とはこのことを意味していたとも言える。

山田美紅羽は似てると言われるのは優香?!なぜ?

f:id:ryupanda:20170317233818j:plain

やまだみくうという子役がとても話題になっている
山田美紅羽と漢字では書く。
この子の読み方が難しいが、やまだみくうと読む。
不思議な名前だが、実はこの子がブレイク中なのだ。
ブレイク、いい響きだ。
そう子供だけで身長はわずかに133cm そうまだ子供なのだというのも生年月日は2005年11月14日そうなのだまだ12歳にもなっていない子供である
だからこそ子役であり血液型は a型である

そしてすでに彼女は映画に2本出演している
母と暮らせばと太陽という映画である
母と暮らせばでは すみれという役で出演している。

これはヒロシマナガサキ、沖縄、というものをテーマにした映画であり、もともとの構想は、井上ひさし、のものである。
それを、あの映画界の巨匠、「山田洋二監督」が引き継いだのだ。という奇跡的な映画である。
この映画は亡霊がでる。
そう、怖い映画でもあるのだ。
その亡霊とは?
長崎医科大学に通っていた主人公は原爆によりなくなるが、しかし、3年後に母のもとに、その彼が戻ってくる、という話だ。
これだけ聞くとホラーなのだが、実際は、とても深く悲しい話なのだ。

キャストとしては、母親として吉永小百合が出演。
その息子が二宮和也が演じている。


また太陽という映画では「洋子」役での出演だ。
他にも、数多くのテレビドラマに出演。
タクシードライバーの推理日誌などにも出演しているというから驚きだ。

そんな彼女が似ているといわれる女優が「優香」である。
たしかに彼女の顔写真を見ると、可愛い。ものすごく可愛い。個人的には優香ではないが、また別の魅力による可愛さだ。
こんな子が大きくなったら彼女にしたいと思う男性は多いことだろう。

その成長が楽しみだ。

下川美奈はミヤネ屋卒業?なぜ突然・・晴天の霹靂・旦那はどうなる今後の展開がすごいぜ

びっくりだ

仰天である


ミヤネ屋の下川美奈が突然の卒業ということ

大どうなってるんだよ



夫とは離婚だって


なんてことだ


もともと過酷な現場に配属された彼女

入社当初の話だ

一番過酷な現場て割れるのは一体どこだと思う


それは警視庁クラブ


そこで大出世を果たして警視庁クラブキャップにまでなった


2010年からすっきりズームインスーパーなど


2011年から情報ライブミヤネ屋


2014年からは深層ニュースにキャスターとして出演をしているのである


なんてバイタリティのある女性だろうなんて high society なんだろう


こういった女性がやはり最高の女性だと思う


女性を支えていける男性は素敵だろう



しかも驚きのことに


下川美奈キャスターをしながら

報道部の社会部デスクとして働いていたそうである


なんと言う激務だろう


過労死しなかったことが良かった


体もボロボロだったのではないだろうか


そんな状態で旦那さんともうまくいかなかったのか


朝から夜まで会社で働く彼女


そうなってくると自然と出会いは会社内


同じ記者クラブに所属している男性と男女の仲になった


いわゆる社内恋愛である


昨日まで一緒に会議をしていた同僚の男性


それが翌朝には恋人?


こういったケースは日本国内であるだろう


なんてったって休みが取れない日本の社会


必然的にそのような流れになるのだ



しかし1年後に彼女はさらに出世


しかし夫は海外に転勤となりそのために離婚なんて悲しいことだ



仕事か恋愛どちらかをとらなければいけないの?


両方ではダメなのだろうか?


そんな彼女がついにミヤネを卒業である



そんな彼女の子供のことや旦那のこと様々なプライベートの私生活のこと


そんなことがねっとりをたくさん検索されているようだ


やはり皆興味があるのだろう


今年45歳になる彼女


ますます女性として魅力的になっていく彼女は


新たなステージに向かうことであろう